地震に備える耐震リフォームについて、詳しく丁寧に解説するサイト『耐震リフォーム』
地震に備える耐震リフォームについて、詳しく丁寧に解説するサイト『耐震リフォーム』

地震と無縁ではいられない日本では、建物の倒壊によって多くの被害者が出ています。
ですが地震がきても、倒壊さえなければ多くの人命を失わずに済みます。
地震大国の日本で暮らす私たちにとって、自分と大切な家族を守る為にも地震への備えは
出来る限りの事は行っておきたいものです。
避難所での生活を心配するよりも、今出来る備えをやっておくべきでしょう。
このサイトでは耐震診断、耐震リフォームで補強すべきポイント、耐震リフォーム・リノベーションによって 安全な住まいにする為の考え方などを解説しています。
また耐震リフォームを機に、もっと住みやすく、もっと嗜好性の高い住宅へとリノベーションを考える方も多いようです。
そろそろご自宅の耐震リフォーム、本気で考えませんか。

耐震化の重要性

阪神淡路大地震では6千人を越える死者がでましたが、その犠牲者の8割以上が家屋の倒壊などによる圧死が原因でした。

耐震診断

1981年に建築基準法が改正され新しい耐震基準が定められましたので、1981年以降に建てられた家は新耐震基準で設計されています。

基礎の補強

20年以上前の住宅には無筋コンクリートの基礎が多く、現在の鉄筋を入れた布基礎やベタ基礎と比べると強度不足です。

1981年以前の建物

1995年の阪神淡路大震災でも、1981年以降建てられた建物の被害は少なかったことが報告されています。

建物の倒壊

1981年6月の新耐震基準が施行される前に建てられた古い家の多くは、現在の耐震基準からみると不十分な性能のものが多くあります。

工事計画

正しい耐震診断をしなければ、その家に必要な耐震工事はできません。 震診断を受けるには各市町村や各種団体に相談窓口がありますので利用しましょう。