地震に備える耐震リフォームについて、詳しく丁寧に解説するサイト『耐震リフォーム』

●●●耐震リフォーム●●●

【耐震化の重要性】

日本は地震の多い地震大国です。
震災は天災の中でも予測がつきにくく、大地震が起こるとその被害は甚大となります。
阪神淡路大地震では6千人を越える死者がでましたが、その犠牲者の8割以上が家屋の倒壊
などによる圧死が原因でした。
地震の起こりやすい活断層は日本全国にありますし、東海地震もいつ来てもおかしくないと
言われています。
国や地方公共団体も古い住宅の耐震化進めようとしていますが、なかなか耐震化が進んで
いないのが現状です。
地震とはいつどこでやってくるかわかりませんので、自分や自分の家族が住宅の下敷きに
なって命を落とさぬよう、住んでいる住宅の耐震性能をしっかり把握し、適切な耐震補強を
行うことが必要でしょう。

【建物の倒壊】

どんな建物でも基本的な耐震性能は備わっていなければなりません。
けれども1981年6月の新耐震基準が施行される前に建てられた古い家の多くは、現在の
耐震基準からみると不十分な性能のものが多くあります。
強い地震が来れば倒壊など、大きな被害を受ける恐れが強いのです。
地震がきても建物が倒壊さえしなければ、命を失わずにすむ可能性が高いのです。

【リフォームと同時に】

耐震補強とは、古い家などを倒壊させないための基本的な方法です。
しかし目に見えない性能向上改修ですから効果を実感できる機会も少なく、どのような工事
をしているのかわからない部分も多いでしょう。
そのため対策しようという考えあっても、すぐに踏み切れない人もいます。
最近では環境保全などの考えから建物を長く使うようになり、間取り替えや水回りの一新と
いうようなリフォームをする家庭も多くなってきました。
そこで、耐震補強のためだけのリフォームは抵抗のある方は、通常のリフォームに耐震補強
を組込むようにすれば、合理的で割安な耐震リフォーム工事ができるのでおすすめです。